そこにとどくように

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京JAZZウルルン滞在記

20080831210504
神様に会えました。

まずメンバーにびっくり!
若手だけかと思ってたら、ローズストーンも、シンシアロビンソンも、ジェリーマルティーニも、ローズの娘のリサもいました

まずスライ無しでの2曲。
僕はもうこの時点で泣いています。
そして下手からゆっくりスライ登場です!
動いてる!神様が動いて鍵盤に向かい椅子に座る!ありがたや。
また号泣。

歌声が変わりなく、歌い方も変わりなく、とにかく、ずっと涙が止まりませんでした。

最後に、ピースサインをしているスライストーンからメッセージを受け取りました。

もっとやれ!変わらないことを恐れるな!

僕にそう届きました。
すみません。
よくまとまりません。結局、ずっと泣いてました。。。


セットリスト

Dance to the music
Everyday People
スライご開帳
Don't Call Me Nigger,Whitey
Family Affair
Sing A Simple Song
Stand!
If You Want Me To Stay
I Want To Take You Higher
スライストーンご退席Thank You×2バージョン
Higher(ソロ回し)
スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 21:01:08|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

アンビリーバボー!

いよいよ明日会える。
たとえ20分、いや1分でステージを降りても構わない。
ここまで来てくれたんだという証を見せてくれればそれでいい。

バンドのメンバーさん、彼を気持ちよく歌わせてね。
あまり、あげあげにならないでね。
それは彼を急かす事になるんだよ。

僕は彼を見に行くのだから。
彼の世界に溶け混んでね

スライストーンに会える!
まだ信じられないです。
《今日の一言》
生きてるよろこびです!
  1. 2008/08/30(土) 22:32:35|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

15年来の友

アダムとのライヴは、当初予定していた曲が幾分変わってしまって、編成もベースを入れる事になりました。
そこで声をかけたのが、初代Ebony-Bベーシストです。約8年ぶりの再会!
彼とは、僕が音楽から離れていた時に連絡先がわからなくなってました。

つい先日、僕が出演した店で、偶然彼がベースのワークショップをしている事を発見して、連絡出来た訳であります。

よかったよかった!

彼とは昔からよく(っつうかいつも)ソウルバンドをやってました。今の僕がいるのも、彼との出会いがデカイかな。
そんなスペシャルな彼のプレイが見れるのは
9/11渋谷Seco bar
です。
詳細は後日、報告しま~す。

《今日の一言》
世の中狭いとは言うけれど、世の中狭くてよかったッス。
  1. 2008/08/29(金) 21:46:51|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Too High

ご存知スティービーワンダーの凄い曲です。
例を一つだけ挙げると、ドラムとシンセベースが奏でるリズムが凄いです。
シンセベースも、弾いてみてノリを掴むまで、時間がかかりました。
ベーシストの感覚で挑むと、とても難しく、掴みづらいかも。
やっぱ別物なんだなぁと改めて思いました。
とにかく、書き切れないくらい、色々な面で凄い曲です。
おしまい
  1. 2008/08/29(金) 01:18:58|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

にゅうよく出身とLive

今度、アダムというN.Y.出身のギタリストに頼まれた鍵盤は、ハードルが高い。
オリンピック決勝で全部くぐって行けちゃうくらい高い。
いや、自ら高くしているだけなのか?
いやいやいや、やっぱ実際高いぞ。

出し惜しみしない事を、信条にしている僕だが、出せない場合はどうすればいいのかねぇ。

シンセベースとオルガン。
大変だ、こりゃ
  1. 2008/08/26(火) 00:48:07|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ワワワワ~♪

昨日はムード歌謡の演奏のお仕事でした。
始めて演奏する場所だったけど、とても気持ちよく出来ました。

お客さんも立ち見が出るほどの満員御礼でした。

今回は、準備が色々と大変だったけど、いいライヴだったんじゃないかな?

久しぶりにメリージェーンを弾きました。
白玉全開!
  1. 2008/08/25(月) 17:56:22|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆるゆる日本昔話3

むか~しむかしの…
ことじゃっっっっっっっだ~~

とあるライヴの日
ライヴハウスの店員と、ブラブラしていた時のお話しです。

普段は、ただの?金髪の彼(店員)が、気合い入れる日は、変身するらしく、その日は、髪の毛を立ててました。

すると、遠くの方で、子供がこっちを指差してます。
お母さんは、ばつが悪そうに、その子の腕を引っ張ってます。

そして、

子供が言いました


「ママ~!スーパーサイヤ人!」


僕はその日のライヴは、ファンクを止めて、フュージョンをやろうかなと思いました。

めでたしめでたし
  1. 2008/08/23(土) 00:32:35|
  2. 昔話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大好きなピアニスト

【Richard Tee】
大好きなピアニストです。この人は、エレピよりアコピの方が好きッス。
ゴスペルを基盤に置いたコードワーク、跳ね方やアクセントの入れ方が独特で、まさに、ワンアンドオンリー。
っていうより、基本ワンパターンなんです。が、
それが絶妙でカッチョイイ

色々あるけど、特に
【Paul Simon】
のライヴ盤で聴ける
『Bridge Over Troubled Water』
のイントロなんてチョーカッチョイイ!
必聴ッス

この人も、鍵盤に愛されていた人ですね。

《今日の一言》
…。
明日に持ち越し。
  1. 2008/08/21(木) 01:15:10|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

When Seasons Change

There's no place like America Today
から
【Curtis Mayfield】
です。

これまた夜にピッタリ
めちゃくちゃ好きな曲です!

教会の鐘の音のカウントで始まり、シンプルなリズム、エレピとワウクラビ(エレピかも)。

そこにトレモロギターにフェイズギター。

そして切迫感のあるカーティスのファルセット。

とてもシンプルで、素晴らしいバランス。

僕はいつも動きを止めて聴きいってしまいます。
曲が終わると、今後はオルガンがとても心地よい『So in love』が流れてきます。
あぁ美しい~。

カーティスも随分影響受けました。

ホント素晴らしいアルバムだなぁ

心が洗われますです。はい。

《今日の一言》
America Todayが、
Amrica Todayと誤植ってるCDアリマッセ!
  1. 2008/08/20(水) 01:57:29|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いきなり洋画(サントラ)劇場

『THE HARDER THEY COME』

【Jimmy Cliff】主演の映画。

これは随分前に見たっきり、ちょっと暴力的だが、リズミカルな、いい映画だったのを覚えてます。
レコーディングのシーンが好きッス。

しかしなんと言っても、この映画、流れてる曲がいいです!

僕が大好きなのは、

『Many rivers to cross』

とても綺麗な曲。

夏の夜に聴くには、もってこいの曲。

僕も、何度か歌った事があります。

厳かなオルガンで始まり後半盛り上がるけど、ちょっと哀しい。
そんな曲です。

ホントいい曲だなぁ。

  1. 2008/08/18(月) 23:07:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ブルースな夜

昨日は、久住昌之さんとEbony-B & the grasshopper(s)とのユニット、【久住昌之 With Ebony-B & the grasshopper(s)】←長っ!
のライヴでした。

ブルースのライヴ

ブルースは僕の原点なので、昨日は回帰点でした。

昨日の店(最高!)には、ハモンドのコンボが置いてあったので、二段にしてライヴをやっちゃいました。

【War】のグリスアップを下段でやって、上段でシメる奏法や、
【BillyPreston】のソロ中にホイッスルを入れる奏法や、
【Chester Thompson】の二段でチャカチャカカッティング奏法など、好っきなだけ演らせてもらいました。

メンバー全員、目一杯楽しんで、良いライヴが出来ました。
いい一日だったなぁ。

《今日の一言》
やっぱ音楽は楽しんでナンボですな
  1. 2008/08/17(日) 19:12:08|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Never can say goodbye

Isaac Hayes
が逝ってしまった…。

ソウルジャイアントがどんどん旅立ってしまう。

一体どうなってんだ!

あっちの世界で、ドデカいライヴイベントでもあるのか?
切なくてとても悲しいよ。

でも、ありがとう。
ホント、ありがとう。

あなたが『Soul man』などを生み出してくれたから、今の僕がいます。
あなたのアルバム
『Black moses』
での
『Never can say goodbye』
のカバーアレンジが、僕の大きな道しるべとなってくれました。
いつまでもいつまでも派手に、渋く決めて、そして、あっちででっかいイベントをやってくれ。


だから、さよならは言わないよ。

また会おう!!
Mr.PinkPanther!!
(幾日か過ぎて、落ち着いてきたので書きました)
  1. 2008/08/15(金) 17:16:19|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

レコーディングですがな

今夜はレコーディングしてます。
はじめて来たスタジオです。
とてもいい感じ。
自分が、オルガン無しの、ピアノ一本は珍しいかも
ロックンロール系
ピアノ連打連打ッス
《今日の一言》
シンプルなモノこそ
奥が深いッス
  1. 2008/08/15(金) 03:16:26|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Valdez in the country

最近よく弾く今日のタイトル曲。
あえて【Cold Blood】バージョンで紹介します。
この曲は、【Donny Hathaway】作の、エレピでガンガンいく、インストナンバー(歌無し)です。
【Cold Blood】の方では、ホーンセクションでメロディを奏でてます。
実はこっちの方が、先に世に出ています。

では【Cold Blood】は、なんぞやと言う事で、

【Tower Of Power】とか、初期の【Chicago】とか、ブラス系(ホーンセクションが目玉)のバンドムーブメントがありまして、その【Tower Of Power】と同じレーベルからデビューしたバンドが、この【Cold Blood】です。

で、この曲が入っている、3rdアルバムのプロデュースは、僕のアイドル【Donny Hathaway】です。(それを言いたかっただけかも)

だからなのか、このアルバムは、抜群にカッチョイイ。ピアノ系はドニーが弾いてる!
女性Vo.のリディアさんは、説得力ある力強いボーカルです。フォロアーが沢山いるのもうなずけます。
彼女以外の、男性Vo陣、これまたいいボーカルです。が、ガイドVo(仮でメロディを歌う)がドニーだったんでしょうね、ついつい節回しが似てしまってます。 [Valdez in the country]の続きを読む
  1. 2008/08/13(水) 23:48:24|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さらけだせ!オルガン

今日(昨日)は16日のライヴの最終リハーサルでした。
とてもいい感じに、まとまったので、当日が楽しみだす

ブルースは、はだかになって(脱ぐわけじゃないッスよ)音を出しあうから、やっぱ楽しいなぁ。

《今日の一言》
雰囲気出して、心にドーン!
  1. 2008/08/13(水) 00:08:49|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大好きなオルガン奏者

【Billy Preston】
大好きなオルガン奏者です。
ビートルズやストーンズにも参加したスーパープレーヤー。有名なところでは
『Let it be』のオルガンが、彼です。

プレイスタイルは、ゴスペル調で、ボリュームコントロールとか、レスリーとの呼応とか、絶妙ッス。
そして何よりもリズムが凄いッス!スローからハイテンポまで、まるで、歌っているようです。

ソロでも活躍した人で、名曲も沢山あります。
『You are so beautiful』は、名曲中の名曲です。

僕が一番好きな曲は、
『That's the way GOD planned it』です。
この曲が『Let it be』のヒントになったとも言われています。

彼の歌声が、見事にハマっていて、ジョージハリスン主催の、『バングラデシュ救済コンサート』(必見!)
では、名!名!名演奏をしております。

気合い一発の、一音だけを永遠鳴らす男前のソロにチョー影響を受けました。
最高のエンターテイナーです!

《今日の一言》
速く弾ければいいってもんじゃない。ちゃんと弾ければいい訳でもない。
感情を出せなきゃ、ソロなんていらない!
これでいいのだ。
  1. 2008/08/11(月) 18:46:22|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワワワワ~♪

今日(昨日)は、ムード歌謡の演奏のお仕事でした~。

差し入れのブッセが、美味でした。

が、妙に疲れる1日だったなぁ~。
《今日の一言》 ガリガリ君の、梨味は美味い
  1. 2008/08/11(月) 01:13:33|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

来週の土曜日です!

夏休みですね~

というわけで、告知ブログ~

お盆に、漫画家で原作家の、久住昌之さんのユニットで、Ebony-B & the grasshopper(s)が演奏します。
ブルースを軸にした音楽を、楽しく、ファンキーに、ブルージーにライヴします。

《ProjectorQ》
8月16日(土)
西荻窪W.jaz
http://www.wjaz.info/
18:30開場19:00開演

charge2000円+1drink
第1部

Qのプロジェクター&トークショー

第2部

『久住昌之 with Ebony-B & the grasshopper(s)』
Qusumi(E.G&Vo)
ヨースケKID(org.)
よっしぃ(E.B)
井戸智文(Ds)

是非、会場に足をお運び下さい。
  1. 2008/08/09(土) 16:55:08|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Mr,BOSSANOVA!

昨日、ある人に、とっても良い時間を与えてもらいました。

その人の名は
【ホベルト・メネスカル】さん

Mr.ボッサノヴァと呼ばれ、映画『This is BossaNova』に、
【アントニオカルロスジョビン】、【ジョアンジルベルト】等と共に出演している人です。
ボッサノヴァの基盤を作った人って言うのは、観て聴いてすぐにわかりました!

凄い!本物!

本物の音を出す人ってそうそう出会えません!
スペシャルゲストだったので、数曲だけの出演でしたが、僕の中に、強烈な何かを残していってくれました。

リハーサルから見させて貰い、お話しも出来たしホント得したなぁ。
良い時間をホントありがとう!
Mr,ホベルト!!

《今日の一言》
損せず得を得る
最高でした!
  1. 2008/08/07(木) 22:04:08|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Evening Time

毎日暑いッスね~。
へろへろになるけど、悪くないッスね~。
そんな方に、お薦めします。

【Jackie Mittoo】
です!

スカタライツなどで活躍した、オルガン奏者です。
いわゆるひとつの、レゲエオルガンの基礎を作った、とっても偉大な人。

僕が好きな曲は、ソロ名義のアルバム
『Evening Time』から
『Napoleon solo』!
クールなバッキングがとにかく最高です!

僕は、やっぱ、最近のレゲエよりも、ルーツレゲエですネ~。

ラスタラスタピ~ヤ

《今日の一言》
辛いカレーも夏に合う
  1. 2008/08/07(木) 01:40:01|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いきなり洋画劇場3

こんにちは!YoSUKEです。またまたまた映画ネタです。

【WATTSTAX】

ドキュメンタリー映画です。
ロサンゼルスで行われた、スタックスレーベルの、超でっかいライヴイベントです。

昔、暴動がおきて、有名になっちゃったワッツ地区という場所がありまして、その【Watts】と、レーベル名【Stax】に、ちなんでのワッツタックスが、名前の由来と言われていますです。

教会での『The emotions』による、ゴスペルも凄いんですが、

僕のMVPは、
『The Bar-kays』です!
ベタで、カッチョイイッス!

『Rufus Thomas』のお(じ)いちゃんも、バミューダパンツ履いて、相当頑張ってます。
興奮したお客さんが会場のフェンス飛び越えてきて、入り乱れまくりダンス天国状態です。

御大『Isaac Hayes』も凄い事になっております。
リムジンで登場です!ピカピカのアタマを見せると、会場から(僕も)ウォ~!!っと、凄い歓声!
フルオーケストラで、アルバムの音まんま再現しています。

歌のやばさ(お上手でない)もまんまです(笑)。
[いきなり洋画劇場3]の続きを読む
  1. 2008/08/05(火) 21:59:08|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いきなり洋画劇場2

『Friday』
結構好きです。

これはIce-Tが主演のコメディ映画で、レンタル屋さんに行けば結構置いてあります。

普通のB-boyの日常を描いた話です。前半の、日々、平凡に過ごす二人の若者のやりとりが面白く、そこが僕は好きです。
後半は内緒でーす。

まだの方、一度探してみて下さいね。
  1. 2008/08/05(火) 00:16:02|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Right on be free

【The Voices of East Harlem】
ゴスペルつながりでもういっちょ
大好きです。

正直メンバーよく知りません。

最初は、バックメンバー目当てで買いました。
でも、聴いたらやられた~。

リードボーカルとる人達が、とっても魅力的です。

また、カバーも素晴らしいです。
『Let it be me』最高です!

《今日の一言》
しかし暑いの~
  1. 2008/08/04(月) 00:52:12|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Oh! Happy Day

Edwin Hawkins Singers

ゴスペル界のスライと勝手に思っています。

『Oh! Happy Day』はコンテンポラリーゴスペルと言われるモノの中で、最も有名な曲なのではないでしょうか。'69グラミー賞取ってます。

ゴスペルからは、まず人の歴史

そして人の(声の)パワーの凄さ。

歌える事のありがたさを教わりました。

あと気負わなくて良いこともかな。

天使にラヴソング2で、気弱な少年が歌うところは、僕100%泣きます。
洗われますね~。

この人の作品では、他には、

Children get together

も好きです。
  1. 2008/08/03(日) 10:26:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

いきなり洋画劇場

『The Five Heartbeats』!!
大好きな映画です。

歌ものグループ大好きな人はハマります。
ゴスペル大好きな人は泣けます。
よって、僕はこれ見たら100%泣きます。

日本未公開の映画だったので、レンタル屋さんにも、そんなに置いてないけど、見つけたら是非見て下さい。

求むDVD化!!

《今日の一言》
関係ないけど、アンチョビ好きッス
  1. 2008/08/01(金) 23:06:31|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Someday we'll all be free

僕のアイドル
『Donny Hathaway』について書きます。
ライヴ盤が、名盤中の名盤で有名な彼は、ものすごいキッチリ屋さんで、ライヴなどのリハーサルを、何度も何度も、何度も何度も、繰り返したそうです。
全て計算して、それをしっかりと表現しようと努めた彼は、『ユルさ』とは真逆に位置するアーティストでしょう。
そんなミスターストイックの彼ですが、ライヴ盤を聴くと、不思議とそんな感じはしません。
とても楽しんでいます。

きっと彼は、ギリギリの極限まで高めた所には、『ホントの自由』と、『ホントの楽しみ』があるのを知っていたのでしょうね。

どの曲も、伸びやかな声で、計算する事なく、まっすぐに、音楽に愛を込めて歌ってます。
だからですかね、いつも、僕の心の琴線に触れます。
彼の歌は、いつも変わりなく、染み込んできます。

それは、これからも、きっと変わらないんだろうな。

《今日の一言》
気持ちはまっすぐを、モットーにしている僕ですが、地理的なことに関しては、これまたひどい方向音痴どす。
  1. 2008/08/01(金) 05:06:48|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。